【いよいよ明日開催!】「若年勤労者の自殺を考える」シンポジウムのお知らせ

明日開催! 本日も申込み受け付けています。
 
東京都地域自殺対策強化補助事業
「若年勤労者の自殺を考える」シンポジウム -企業からの事例報告-
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
自殺関連行動は,個人的,社会的,心理的,文化的,生物学的そして環境的因子が
互いに絡み合って影響する複雑な現象です。
自殺予防の取り組みには、社会の多部門における調整と協力が必要であり,これらの取り組みは,包括的かつ統合的でなければならない
(WHO世界自殺レポート)とされています。
日本うつ病センターでは、自殺予防対策に包括的な支援を行うために、一昨年、厚生労働省自殺予防対策事業により
『ワンストップ支援における留意点―複雑・困難な背景を有する人々を支援するための手引き―
を作成しました。
 
一般企業でメンタルヘルス対策を担っている産業保健専門家、人事・労務担当者、管理職及び
社会保険労務士等の産業精神保健に携わる専門家、一般市民に向けて『ワンストップ支援における留意点―複雑・困難な背景を
有する人々を支援するための手引き―を中心に、各分野の第一線で活躍している専門家をシンポジストに迎え、
東京都における若年者の自殺の現状と、取り得る対策をお話頂きます
 
『ワンストップ支援における留意点―複雑・困難な背景を有する人々を支援するための手引き―』の
詳細はこちら
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
主催:一般社団法人日本うつ病センター 共催:東京都
後援:認定NPO法人地域精神保健福祉機構・コンボ(Comhbo)
 
日 時:平成30年2月14日  13: 00-17: 00 (開場12:30)
会 場:秋葉原コンベンションホール
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F
        ●JR秋葉原駅(電気街口)…徒歩1分
        ●東京メトロ銀座線 末広町駅(1番出口)…徒歩3分
        ●東京メトロ日比谷線 秋葉原駅(3番出口)…徒歩4分
        ●つくばエクスプレス 秋葉原駅(A1出口)…徒歩3分
参加費:2,000円
定 員:450名
★チラシのダウンロードはこちらから
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
プログラム
 
13:00~14:00    「ハイリスク者支援のための手引き」
           『ワンストップ支援における留意点』の活用方法について
                       大塚 俊弘 (一般社団法人日本うつ病センター 上級研究員)
 
14:00~14:10      休憩  
 
14:10~14:50     「労災事例から見た若年労働者の自殺予防」
                       田中 克俊
                       北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学教授
                       一般社団法人日本うつ病センター 理事
 
14:50~15:30    「企業からの事例報告」
                     中川 均
                       特定非営利活動法人全国精神障害者就労支援事業所連合会
                      (Vfoster)理事長
 
15:30~16:10    「職場環境の変化と自殺予防~労務管理の視点で」
                       長部 ひろみ
                       ソーシャルサポートオフィス シトラス代表
                        東京都社会保険労務士会
 
16:10~16:30     休憩
 
16:30~17:00      「総合討論」 
                       座長 中村 純
                     社会福祉法人北九州病院・北九州古賀病院 院長
                        産業医科大学名誉教授
 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
講師紹介
 
大塚俊弘
(一社) 日本うつ病センター(JDC)上級研究員
国立精神・神経医療研究センター上級専門職
1962年長崎市生まれ。1987年長崎大学医学部卒業。1993年長崎大学大学院博士課程修了。
長崎大学医学部附属病院、五島中央病院、佐世保市立総合病院等を経て、1999年より長崎県に入職、
精神保健福祉センター所長、保健福祉部健康政策課課長、県央保健所長のほか、
長崎こども・女性・障害者支援センター所長として児童相談所長、婦人相談所長を経験。
2016年4月から現職。長崎県自殺対策専門委員会委員長を長く務める。
 
田中克俊
北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学教授
一般社団法人日本うつ病センター理事
1990 年産業医科大学医学部卒業後、(株)東芝本社産業医、昭和大学精神神経学教室講師、
北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学准教授を経て現職。
日本産業精神保健学会常任理事、日本ストレス学会理事、日本産業ストレス学会理事、
日本うつ病学会評議員。精神保健指定医,日本精神神経学会専門医・指導医
 
中川均
特定非営利活動法人全国精神障害者就労支援事業所連合会(Vfoster)理事長
 
長部ひろみ
ソーシャルサポートオフィスシトラス代表
東京都社会保険労務士会
特定社会保険労務士、精神保健福祉士、シニア産業カウンセラー、
公益財団法人21世紀職業財団認定セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント同財団客員講師、
家族心理士・家族相談士資格認定機構認定家族相談士、一般社団法人産業保健法学研究会認定メンタルヘルス法務主任者。
早稲田大学法学部卒業。法律事務所、社労士事務所勤務を経て、社会保険労務士として開業。
 
中村純
社会医療法人北九州病院・北九州古賀病院院長産業医科大学名誉教授
1975年久留米大学医学部卒業。1979年久留米大学大学院医学研究科博士課程修了。
1979年米国テキサス大学ガルベストン校留学(2年半)。1994年久留米大学医学部神経精神医学講座助教授。
1998年産業医科大学医学部精神医学教室教授。2015年3月産業医科大学定年退職。
2015年4月産業医科大学名誉教授、社会医療法人北九州病院・北九州古賀病院勤務。同年6月より現職
 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆参加方法
必要事項を御記入の上、メール又はFAX・ハガキでお申し込み下さい。
 【必要事項】氏名(ふりがな)・住所・御所属(勤務先)・電話・FAX・メールアドレス
 FAX(03-3239-0028) メール(apply@jcptd.jp)
ハガキの宛先
〒102-0085 東京都千代田区六番町1-7 K-PLAZA2階
一般社団法人日本うつ病センター
 
◆参加費のお支払い方法
下記のサイト内からカード決済か銀行振込をお願い致します。
 
お振込み頂いた控えを、当日必ずお持ちください。
 
◆お申込み期間
2018年1月10日~2月7日 締切日以降はお問合せ下さい。
 
◆お問い合わせ先
一般社団法人日本うつ病センター
電話03-6256-8411
(月~金12:00-17:00 土日祝祭日はお休み)