職場のメンタルヘルス「先進企業の取り組みの紹介」 第1回島津製作所(後編)

日本うつ病センター産業メンタルヘルスセンターでは、職場のメンタルヘルス対策最前線として
契約先企業での取り組みを紹介しています。

従業員のメンタルヘルスを守り、業務効率を高めることは、企業にとって重要課題の一つ。日本を代表する機械メーカーの島津製作所は、2010年頃から本格的な対策を始めました。従業員が相談しやすい環境を整え、復職者の再休職率を3分の1程度に抑えています。京都本社の境浩史氏と、東京支社の横山泰久氏に、それぞれの現場の取り組みと課題を伺いました。

本日は、そのインタビューの後編を掲載いたしました。

第1回 島津製作所 様(後編)
https://www.jcptd.jp/rokubancho/efforts.html