「職場におけるメンタルヘルスの推進」シンポジウムのご案内

一般社団法人日本うつ病センター(以下JDC)では、平成29年度から東京都との共催で
「若年勤労者の自殺対策のシンポジウム」を開催するなど、若年勤労者の自殺対策に
取り組んでおります。
 
今年度は「職場におけるメンタルヘルスの推進」を中心として、
昨年のセミナーで、希望の多かった大野裕先生、松本俊彦先生の講演と
日本うつ病センターの理事で慶應義塾大学医学部精神神経科学教室教授の
三村將先生から、「最新の脳科学からみたメンタルヘルス」についてを
お話頂きます。
 
是非多くの方のご参加をお待ちしております。
                         2019年8月30日更新

会  場:AP市ヶ谷 (市ヶ谷駅 徒歩1分)
     〒102-007 東京都千代田区五番町1-10 市ヶ谷大郷ビル5階
              JR総武線・東京メトロ有楽町線/南北線・都営新宿線 
開催時間:12時30分 受付開始
     13時   シンポジウム開始  16時30分(終了予定)
   
申込方法:メール(attend@jcptd.jp)、FAX(03-6256-8474)、ハガキに下記の必要書類を御記載の上お申込下さい。
     ①御氏名 ②御所属先名 
     ③御所属先の住所(御自宅orご勤務先・連絡先が勤務先の場合は必ず会社名まで御記載を御願い致します)
     ④メールアドレス(申込確認に必須です)⑤参加希望日
 
 
日  時 令和2年1月10日(金)
〇大野 裕  一社)認知行動療法研修開発センター理事長/ストレスマネジメントネットワーク株式会社代表
       「簡易型認知行動療法を活用した職場のメンタルヘルス」
〇三村 將   慶應義塾大学医学部精神神経科学教室 教授
       「最新の脳機能から見たメンタルヘルス」
〇松本俊彦   国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部 部長
       「アルコールとうつ、自殺~死のトライアングルを防ぐために」