理事長挨拶

理事長挨拶

このたび、樋口輝彦先生の後任として、日本うつ病センター(JDC)の理事長を拝命しました。

当センターはうつ病に対する理解を深めるための事業、うつ病の予防、早期発見・早期治療、職場復帰・社会復帰に取り組むためのサポートを行うことを目的に2010年に一般社団法人として設立されました。

JDCの事業には診療とメンタルヘルス・サポート事業があります。診療部門には六番町メンタルクリニックと心理カウンセリングセンターがあり、メンタルヘルス・サポート事業はJDC産業メンタルヘルスセンターが担当します。

六番町メンタルクリニックでは、うつ病をはじめ関連するこころの病の丁寧で専門的な治療を、その道のベテラン精神科医が保険診療で担当します。また、JDC精神療法センター(濱田秀伯センター長)では、認知行動療法などの精神療法、カウンセリング、リワークなどを提供するとともに、人間の生きる意味を患者さんとともに考えるスピリチュアル・ケアのご相談にも応じています。

第3の事業は職場のメンタルヘルス・サポートです。昨今、多くの企業でうつ病をはじめとするメンタルの病気のために休職する方が増えており、大きな問題になっています。そこで、JDC産業メンタルヘルスセンターでは、一般科の医師、産業医に対するメンタルヘルスの啓発活動、サポート活動を、この分野のオーソリティーである田中克俊医師を中心に実践し、産業医、一般科医にうつ病およびその関連疾患へのより適切な対処法を身につけていただくことを目的に具体的な事業を展開しています。

JDCは、以上のようにうつ病を中心としたメンタルヘルスの諸問題を総合的に対応するセンターとして、さらに活動を盛んにして参りたいと思います。皆様のニーズに合った活動を気軽にご利用ください。

2019年4月

一般社団法人日本うつ病センター理事長
九州大学名誉教授
神庭重信
神庭重信