新型コロナウイルス対策や自粛で疲労を感じる、今後の見通しが分からず不安… そんなとき

毎日メディアからの様々な情報が錯そうする中で、日々の活動をこなしながら感染対策に取り組み、人混みや会食を避け自粛に
協力する負担感は大きく、日々ご不安が続いているかと思います。
この状況がいつまで続くのか分からない状態では、閉塞感が一層増します。


中には、睡眼が乱れたり、食欲に影響したり、これまでできていたことに対して意欲がわかない…など、
普段とは違う感覚や変化を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。


周りも同じ状況だから我慢することだ、不安なのはしょうがない、日分ももっと頑張らなければならない・・・と、
無理をしすぎてしまう人がいます。その状態を放っておくと、場合によってはメンタルヘルス不調としての
治療や休養が必要な段階になってしまうことがあるかもしれません。


不安や疲労をそのままにせず、リフレッシュするような運動や趣味の時間を意識的に増やす、電話などを用いて周りと
コミュニケーションし気持ちを共有しあう・・・といった自主的な工夫とSOSの表示は、今とても大切な取り組みです。
健康や気分に大きく影響を与えているのであれば、専門家への相談が必要なこともあります。


お一人で抱えず、身近な人や周り、専門機関へお話してみませんか。

私たち六番町メンタルクリニックおよび精神療法センターでも、精神科医の診察やカウンセラーによるカウンセリングにて、
皆様の今のお悩みのお力になれることがあると考えています。
心配なことがありましたら、どうぞご相談ください。



ご相談はこちらから↓
https://www.jcptd.jp/rokubancho/form.php