理事長からのメッセージ~新型コロナウイルス感染症蔓延下で、心理的精神的に困っておられる方へ

世界規模で蔓延する新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の下、4月16日には
全都道府県が緊急事態措置の対象とされました。
緊急事態下で要求される自粛生活やソーシャルディスタンシングは、メンタルヘルスの維持にとって
重要な対人交流の機会を減らし、ストレス解消の機会を奪います。

COVID-19による生活変容や経済の低迷は長期化することも予想されており、就労や修学をはじめとする
人々の日常生活に広範で深刻な影響を及ぼし、極めて強いストレスをもたらすでしょう。

すでに世界各国からは、不安、抑うつ、ストレス関連症状、不眠、自傷、自殺企図などの
メンタルヘルスへの影響が多数報告されています。
日本においても、うつ病、不安障害、ゲーム依存、アルコール依存、など精神疾患、不登校、
自殺の増加、既存の精神疾患の悪化、家庭内暴力や虐待等が懸念されています。
詳細は、日本精神神経学会や日本うつ病学会などのHPに掲載されています。
また、メンタルヘルスサービスを希望される方のための相談先も数多く準備されています(下記)。

一般社団法人日本うつ病センター六番町メンタルクリニックでは、このたび診療にあたる精神科医を増員し、
初診まで長くお待たせしないように体制を整えたところです。
心理職と精神保健福祉士とともに、一人一人の受診者のかたの心理的・精神的な問題に対して、きめ細かな相談、
治療を丁寧に行っています。また、感染防御にも細心の注意を払っています。

上記のようなメンタルヘルスに少しでも不調を感じられた方は、一人で悩み込み症状が重くなる前に、
気軽に相談してみてください。

 

2020年5月14日
一般社団法人日本うつ病センター
理事長 神庭重信

-----------------------------------------------------------------------------

【メンタルヘルスサービスの連絡先】

1.厚生労働省:新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談(チャットによる相談)
https://lifelinksns.net/
【時間】平日:18時00分~21時30分 / 土日祝日:14時00分~21時30分

2.日本臨床心理士会・日本公認心理師協会:新型コロナこころの健康相談電話
http://www.jsccp.jp/userfiles/news/general/file/20200419114929_1587264569864521.pdf
【期間】5月22日まで(緊急事態宣言の状況によっては期間変更あり)
【時間】平日:10時00分~12時00分 及び 19時00分~21時00分

3.各地域のいのちの電話
※ 緊急事態宣言発令を受け相談受付を休止している地域あり

4.各地域の精神保健福祉センター窓口